<< ペスト 死の勝利 | main | 死のありよう >>

死のかたち

   こんばんは、

   今回もある写真から、、

 

        

           from:Louvre               SPAZIO no.70

 

      アンリ2世(1519-59) (再登場2010.9.〜10 記)の槍試合での死をうけて、

      その妻、カトリーヌ・ド・メディシスの1561年の依頼により

      5年がかりでひとつの大理石から彫り上げた三美神像、

        作者はジェルマン・ピロン(1537-90)

        高さは、1,5mほど、ルーヴル蔵ですが、

 

        その付けられている題名が、、

          「アンリ2世の心臓記念碑」

          頭上の丸い器に、アンリ2世の心臓が入れられていました、、

          どうやら今は存在しないケレスティヌス会修道院聖堂(パリ)

          に保管されていたようです、、

 

    アンリ2世の身体の埋葬場所は、あの、パリ、サン・ドニ聖堂

        (何度も登場しています)、、

 

       当時フランスは分葬(2〜3分割)の習慣があり、

         十字軍遠征等の事情から生まれたようで、  

         傷みやすいイ内臓は死地、心臓は宗教的な場所、

         遺骨はサン・ドニというように、、

 

           この風習、ローマ・カトリックは禁止していましたが、、

 

               、、、

 

 

    さて、その奥さんの、カトリーヌ・ド・メディシス(1519-89)

    イタリア・フィレンツェ・メディチ家からフランスへ嫁いだ人(14歳時)ですが、、

    彼女生涯に3度、自らのお墓を造っていまして、、

      どの順番でこの3つの墓を登場させるかが、大変難しいのですが、、

      まずは、2番目に造った墓から、、

      作者は上の心臓記念碑と同じ、ピロン、

 

    

                                      

                    

                                                from:pinterest

     夫アンリ2世像は死後硬直によって、のけぞるような姿になっていますが、

     二人の肉体は、若々しく、、

     たとえばカトリーヌのポーズは、、

 

                 

                     from:wikipedia

      左右の手が異なりますが、彼女の故郷フィレンツェにある

      ボッティチェリのヴィーナスそっくり、、

      製作は1565から1570

               、、、、

 

     

     その最初に、彼女が作ったものは、ルーヴルにありまして、、

     1566年頃まで製作されていたようですが、

     作者の死によって未完成で終えられています、

 

  

                              from:w3.osaachivum.org

              ジローラモ・デラ・ロッビア(1488-1566)作

         この人フィレンツェ人でフランス移住組のひとり、

       依頼は、夫アンリの死後数年たってから、

          最初の「心臓記念碑」と同じころでしょうか、、

 

       当時フランスではまだ中世の名残で、「腐敗死骸像」が主流でした、

       先回の「死の勝利」とおなじ流れで、

       「メメント・モリ、死を想え」という風潮が色濃く残っています、、

                、、、、

 

       

 

    そして、最後のものがこちら、、

 

  

     

     作者は、またしてもピロン、

     年取ったカトリーヌの本来の姿、(2重顎になっています、、

        夫アンリ2世も同じように太らされています、、

     こちらもサン・ドニにあります、、

 

     製作依頼は彼女の死の6年ほど前(1583年?)、

     「死」の時点ではまだ完成していませんでした、

     完成は、彼女の死後1590年?

        この彼女の体型が本当の姿なら、

        さすがに最初の若々しいヴィーナス風のものに納まるのには

        気が引けたのでしょうか、、

 

        しかし、時代は、2013.2.19、に挙げました、

        彼女の息子の嫁・メアリー・スチュアート墓像とおなじように、

        この流行・風潮にあったようです、、

                、、、、

 

    

    さてさて、[死のかたち] として、どうしても登場してもらいたかったものたちを

    挙げてしまいました、、

    そもそも最初に遭遇したのは、

 

                         

 

           このあたりからだったでしょうか、

      デュ・コーロワ(1549−1609)作曲、

      「フランス王のためのレクイエム」1999年製作のCDジャケット、

        撮影角度が異なっているため分かりにくいですが、

        最初に挙げましたアンリ2世像です、、

 

           、、美しい死曲が流れます、、

 

 

       蛇足になりますが、、 面白いのは、このジャケット裏面、、

 

                        

                  

                            王の足の裏が全面に印刷されています、

 

                 、、、、

 

 

        、、さて、すでに よき時間、、それでは

          今日はこのへんで、、

 

 

            参考資料、先回からのものに引き続き

              小池寿子、「身体をめぐる断章」 SPAZIO NO,70

              ルーヴル美術館、ホームページ

              高階秀爾 「ルネサンスの光と闇」中公文庫 等々

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.10.04 Wednesday
  • -
  • 06:20
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
sumire
ブログ村ランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
すみれ・ランキング
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM