<< 死のかたち | main |

死のありよう

   こんばんは、

   今回はまずこの図面から、、

     

              from:Basilica of St Denis

 

 

   サン・ドニ大聖堂、中央祭壇部付近の平面図です、、

   番号が打たれているのは、墓像の数々、、

   先回登場しましたアンリ2世とカトリーヌの着衣墓像が左上68番(3つ目の像)

   2番目の二人並んだ裸像がその下67番

   その下、62番は、この像のモデルともなった、ルイ12世とアンヌ・ド・ブルターニュ像

 

       

 

   右側72番は、当初この聖堂に埋葬されなかった、

   マリー・アントワネットとルイ16世像

   刑死後、二人の遺体はマドレーヌ墓地(現贖罪礼拝堂)に他の処刑者とともに

   埋葬されます、現在遺骨は移されてここの地下にあるようですが、

   本当に彼らのものかは、疑問があるとも、

 

       

 

   その後ろに見えているのが、64番、フランソワ1世とクロード・ド・フランス像

   アンリ2世の両親です、、

   一番最初に登場したルイ12世の娘が、クロード・ド・フランス

 

           

 

 

 

 

   さて、墓像はこれくらいにしてサン・ドニにすこし触れてみます、、

   まずは、ルーヴルにある一枚の作品から、

   作者は絞りきれないようで、、不詳、

         パリ議会のために描かれたようで、1449〜53年ころの製作とか、

                  226×270cm

 

    

                                from;Louvre

 

     中央部にキリスト磔刑図、左にマリアとマグダラのマリア、右に使徒ヨハネ、

     そのキリスト左背景はゴルゴダの丘、建っているのは聖墳墓教会か、

     そして、左手の二人の人物、、

 

      

                                       from:Flickriver

 

        左再登場人物、セント・ルイス、聖王ルイ(2011.7.1記)

          フランス王家紋章百合のマントをはおっています

        右は何度も登場してます、洗礼者ヨハネ

 

           

 

           面白い表現の、聖書に子羊

        背景には、セーヌ河、そして古いルーヴル宮、、

 

     さてそして右手は、、

 

      

 

       右手は、シャルルマーニュ(カール大帝)742-814

                      1165年、列聖、

         正義の剣と水晶玉を持っています、

         帽子はどうも東洋風?

 

     そして、中央にサン・ドニ、

     背景の丘は、彼が処刑されたモンマルトル、

       古代ローマ時代は、モンス・メルクリウス(Mons Mercurius)

       メルクリウス(マーキュリー・ヘルメス)の丘と呼ばれた聖地で

       あったようですが、彼が処刑された後、Mont des Martyrs

       (殉教者の丘)と名が変わり、現在の Montmartre に、、

 

      

       

                  from:scribe4haxan

 

        まだ、血が噴き出しています、、

        しかし、いくぶん右足を前に出して歩こうとしている姿勢、、

          後ろの二人は同じ時に殺された宗教者たち、

      

     

    さてさて、そもそものこのサン・ドニ大聖堂

    最初に建てたのは、聖ジュヌヴィエーブ(再登場)とか、

    そして、上のシャルrマーニュによって完成され、

    現在目にする修道院聖堂はシュジェールによって、1140年に建立され、

    聖王ルイによって、バシリカ部分を増築されます、、

 

      上記三人はそれぞれにかかわっています、

      しかし、シャルルマーニュの墓はここにはありません、、

              、、、、

 

 

      ひとつ、蛇足をのべるなら、

      このサン・ドニの行為、

      つまり首を持って歩くという動作、、

      まだまだ、他の殉教者の例があるらしく、、

      数をかぞえてゆけば、、50例にも及ばんとするとか、、

 

        さてもさても、、

 

 

 

 

        すでにそろそろ良き時間、、

        何らまとまりもなく書いてしまいました、、

        それでは、

        今日はこのへんで、

 

 

 

        今回新たに付け加える参考文献はありません、

 

 

 

    

      


スポンサーサイト

  • 2017.10.04 Wednesday
  • -
  • 04:28
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
sumire
ブログ村ランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
すみれ・ランキング
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM