<< 有楽町、有楽斎、うらくさい | main | 百花繚乱2 >>

世渡り名人、織田有楽斎

 こんばんは。
つづく、と先回書いた以上、話を続けなければなりません。
さて‥‥

この人、あまり、というかほとんどいわゆる”力”はありませんが、
世渡りに関しては、達人の域。
信長を含む20人ほどの兄弟の下から2.3番目くらいでしょうか。

まず、本能寺の際も、乱を聞きつけて、真っ先に逃げだしたとか、
信忠に腹を切りなさいとは、言う間も無かったという説もあります。

乱の後、信長次男の信孝のところに身を寄せ、
信孝が秀吉に逆らい、家康と組んで、小牧長久手の戦に臨んだ時、
あっさり、信孝に講和をすすめ、秀吉との斡旋を受持ちます。

その後、信孝に見切りを付け、
秀吉の側室になった淀殿、(姪にあたりますが)、に接近します。
どうも、幼い秀頼が可愛かったらしく、
父、秀吉に嫉妬されるほどだったとか。

しかし、秀吉亡き後は、どういう訳か、家康に近づき、
関が原では、家康側東軍につき、
三成の側近、蒲生頼郷を自ら討ち取るなどして、
結構な働きをしています。
利休七哲に含まれ、武の世界では、いっこうにうだつに上がらない人でしたが、

関が原後は再び淀殿のそばで、大阪城に入り浸り
という日々が続いたようです。

   

しかし、歴史はまた混乱します。
大坂の陣という形で。


そのあたりのことは、また明日ということに。


今日はこのへんで。

スポンサーサイト

  • 2017.11.18 Saturday
  • -
  • 19:29
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
織田信長 次男
里田まいのモーニング娘オーディション映像 配役についても文句の付けようがありませんが、やっぱり 平幹二朗の斎藤道三、高橋秀樹の織田信長、近藤正臣の明智光秀 この配役だから良かったというのもあるかもしれませんが その友達は俺の放つ親父ギャグにも似たお言葉も
  • 15秒で読む!話題のニュース!
  • 2010/04/21 6:24 AM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
sumire
ブログ村ランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
すみれ・ランキング
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM